USCPAで未経験コンサルに転職

USCPA合格後のキャリアについて

USCPAは、世間的にはあまりメジャーな資格ではないですが一定の業界においてはかなり重宝されます。

 

「知らない人は知らない。だけど知っている人はかなり評価してくれる。」といった感じではないかと思います。

 

USCPAはアメリカの会計士試験なので、当然ながら試験問題やインストラクションはすべて英語。

 

すべて英語の試験で、さらにある程度の会計周りの知識を持っていないと合格できないので人によって難しいと思うレベルは様々です。

 

日本の公認会計士試験の方が、「問題の難しさ」ということだけに限っては3倍以上難しいので「USCPAは簡単な試験」という印象を持っている人も多いかもしれません。

 

ただ、英語で問題を解くことに抵抗がある人にとってはある意味では日本の会計士試験よりも困難と感じる人もいるようです。

 

とはいえ、USCPAの場合は基本的にちゃんと予備校などで英文会計の知識を身につけて過去問をひたすらやり続ければ合格しやすいです。

 

日本の会計士試験に比べると、「勉強した労力がそのまま報われる可能性が高い試験」という感じなので働きながらでも合格する人は沢山いたりします。

 

そして、USCPAに全科目合格してから多くの人は「転職」ということを考え出すでしょう。

 

自分も、USCPAを目指して働きながら学校に通って問題演習を繰り返して・・・というのをやり続けて1年ちょっとで合格することができました。

 

で、合格後に転職エージェントに登録して転職活動をやり続けた結果、大手のコンサルティングファームにで働くことができています。

 

ちなみに、コンサルティングファームといっても色んなファームがありますが「マッキンゼー」や「ボストンコンサルティンググループ」などのような超一流の戦略コンサルではないです。

 

やはりUSCPAの合格者に対する需要としてはIT系や会計系のコンサルティングファームへの転職がほとんどですね。

 

戦略コンサルではないですが、自分のキャリアとしては今は収入的にも仕事の内容的にも満足している状況です。

 

USCPA合格後に転職活動をする場合は、主に4つの分野があります。

 

監査法人、税理士法人、経理、そしてコンサルです。

 

この4つの業界のどれかに転職を目指して多くの人は頑張っていると思います。

 

最近では、かなりUSCPA合格者に対する転職市場も上向いてきているのでチャンスなのではないでしょうか。

未経験の業界に転職できるのか不安な人へ

USCPA合格後のキャリアパスとしては、監査法人や税理士法人、経理にコンサルと主に4つの業界が考えられます。

 

その際にどの業界に転職活動をする時に不安になるのが「未経験だけど内定もらえるのだろうか・・」ということに尽きると思います。

 

実際、自分がUSCPAに合格して転職活動を始めた当時の職種が会計やコンサルなどとは一切無縁の「営業」でした。

 

しかし、経理を除いては上記の業界は結構未経験者に対して寛容だということが転職活動をしていて感じました。

 

経理職は、経験者重視なのでUSCPAに合格しただけでは他の業界に比べて相対的に厳しいのかなという目線ではありますが実際に経理職に応募したことがないのでそこは定かではないですが。

 

自分の場合は、まず「コンサルティングファームで働きたい!」と思っていたので、いわゆる「USCPA取得後の転職活動の王道」と言われる監査法人や税理士法人にへ見向きもしませんでした。

 

学歴なども含めて、一部の超エリートしか入社できなそうな戦略コンサルティングファームも最初から視野にいれていませんでした。

 

というか、戦略コンサルは基本的に転職エージェントにほとんど案件がないです。

 

おなじコンサルでも、いわゆるIT系や会計・財務系のコンサルティングファームの求人は規模を問わずかなり沢山あります。

 

やはりUSCPAを活かすのであれば会計や財務関連のコンサル業務につきたいと思っていたので、転職エージェントに紹介してもらった案件に未経験でもとりあえず書類選考をしてもらうように依頼をしました。

 

監査法人や税理士法人、経理などの転職市場は結構上向いてきているというのは上記でも触れましたがコンサルの場合は特に案件が多いと感じます。

 

たぶん、コンサルティングファームはそれなりに高い年収の代わりにハードワークで人材の流動性が高いのでいつも募集をかけているんだと思います。

 

実際、今自分が仕事しているのも会計分野のアドバイザリー案件ですがプロジェクト単位によっても違ってきますが夜遅くまで働くこともしばしばです。

 

退社するのが22時くらいになることも多いですが、前職の営業職も同じくらいの労働時間で給料は安かったので現在はかなり「充実している」と言ってもいいでしょう。

 

これは人によって感じ方は様々ですが・・・。

 

もっとゆったり仕事したいと思う人は経理職を狙った方がいいのかもしれませんね。

 

とにかく、コンサルの場合は前職が多様な人々が集まっているので未経験でも最も入りやすいかもしれないです。

自分がUSCPAを目指した経緯

コンサル未経験から、USCPAに合格して大手コンサルティングファームに無事転職できたわけですが転職を決意したのには理由があります。

 

それは、よくある話かもしれませんが「労働時間の割に給料が安い」というのが理由の一つです。

 

自分が働いていた会社は、営業職で退社時間が今のコンサル会社と同じくらいなのですが給料が今よりも低かったのです。

 

現在のコンサルティングファームでも、あまり残業代という概念がないのですが営業をやっていた頃もサービス残業は当たり前な感じだったので金銭面でもっと割の良い仕事をしたかったということです。

 

また、単純に営業職をずっとやるよりも「コンサルティングのようなカッコいい仕事をしたい!」という気持ちもありました。

 

今思うと、営業もコンサルティングの仕事も地味な仕事の積み重ねであってどっちが華やかというわけではないのですが色んな人の話を聞いたりドラマなどで影響されて「営業以外のこともやってみたいな」という感じになったのです。

 

そして、3つ目の理由としてはUSCPAを目指すことによって何か自分が「これは頑張った」という足跡を残したいということも大きかったです。

 

USCPAの勉強は、学生時代よりも必死になって勉強したので合格してコンサルティングファームで働けていることで自分が頑張ったという自己満足感を得ることができています。

 

まあ、とはいってもやっぱり同じ労働時間で給料が前職よりもかなりアップしたというのが一番嬉しいですが・・・・。

 

コンサルティングファームでは、特に会計系のコンサルではUSCPAは評価してもらえます。

 

会計という分野では、やはり知識がある程度ないとそもそも業務遂行に大きく支障がでてしまうので「全く会計の知識がないです」的な人よりも知識をアピールできる人材の方が積極的に採用したくなるのだそうです。

 

転職エージェントの担当者も、そういった理由からコンサル案件を積極的に勧めてくれました。

 

ちなみに、転職時の年齢は29歳だったので30代前半ぐらいまでなら未経験でもイケるかなという感じです。

転職エージェントじゃないと持っていない求人がある

USCPA合格者が、転職活動をするのであれば確実に転職エージェントには登録しておいた方がよいです。

 

転職エージェントは、比較的マイナーなUSCPAのことについても理解しているのでそれにあった案件を紹介してくれます。

 

また、転職エージェント経由の方が書類選考通過率がアップする傾向があるので無料だし使わない手はないと思います。

 

ちなみに、自分が利用したところは以下になりますので転職活動を考えている人はすぐではなくても登録してみることをオススメします。